トップへ戻る


【合格者の声】  パーソナルカラリスト検定に合格された方を掲載します

岡田愛子さん

 

IMG_0142

 

Q. 受験したきっかけはなんですか?

A. これまで、フラワーアレンジメントは30年以上、パッチワークでは20年以上にわたってその世界に携わってきたのですが、技術レベルの向上はもちろん必要だけれど、それだけでは表現できない部分に色が非常に大切な役割をもっていると感じました。それがきっかけとなり、詳しく色の勉強をはじめました。配色によって作品の出来が全く違うと実感しています。

 

Q. 検定から得た知識で日常や仕事に活かしていることはありますか?

A. 理論的に素敵な配色などが分かり、フラワーアレンジメントやテーブルコーディネート、その他にも活かされていると思います。特にフラワーアレンジメントでは、パーソナルカラーを応用した配色が好評を博して、コンクールでも入選することができています。

 

Q. 今後、カラリストとして取り組んでいきたいことはありますか?

A. “色の力を使って人を幸せにする”ことです。大切な人を亡くした時、色の力で前向きになれた経験があります。今後は、色と香りとフラワーアレンジメントを軸に、人を幸せにするお手伝いができたらと思っています。そこに、これまでに培った日本人ならではの美しい配色やマナーを組み込んでいこうと考えています。

【合格者の声】  パーソナルカラリスト検定に合格された方を掲載します

上田 裕子さん

P2140074-e1455591635935-254x300

 

Q. 受験したきっかけはなんですか?

A. 以前、ブライダルプランナーをしておりまして現場で“色”の選択の仕方によりお客様の満足度を左右することに気付きました。そこから色彩の勉強を始め、ファッションやメイク、色彩心理について学び、パーソナルカラー診断の仕事を始めました。実際にパーソナルカラー診断をしていく上で大切なことは、理論を十分に理解して実践を重ねていき、お客様にご納得頂けるご提案が出来るようになることと思いました。その為のスキルアップを図りたいと思い情報収集する中で、この検定のことを知りました。まずは受験というより、書店で容易にテキストを入手することが出来ましたので、購入してみました。読み重ねていく上で、幅広い分野における色の活用法が書かれていましたので、興味をそそられました。そして、受験を重ねることで、幅広い分野での学びを得られ、知識を活かす機会に繋げることが出来ました。

 

 

Q. 検定から得た知識で日常や仕事に活かしていることはありますか?

A.   日常におきましては日々、衣食住のシーンで活用しています。衣のファッションでは、効果的な配色方法を学ぶことにより、イメージを具現化してコーディネート出来るようになりました。パーソナルカラーに基づいた分類により、 洋服、メイク、ヘアー、アクセサリーとトータルに統一感をもって“色”を選択できるようになりました。そして検定のテキストより、更に素材や柄、デザインについても学びましたので、ショッピングで商品を多面的に見ることが出来るようになりました。食では、器の選択やテーブルコーディネートにおいて役立っています。色や素材を楽しみながら選択することで、生活に広がりを加味してくれています。そして、住ではインテリアにおいて家具の選択から壁紙やカーテンを選ぶ上で、テキストで学んだイメージワードを活かすよう心がけています。同じ部屋でも色や素材の選択の仕方によって部屋の印象が異なることを実感しました。

 仕事の分野ではパーソナルカラー診断において、評価基準の見極めのプロセスを学ばせて頂いたことにより、着眼点に留意しながらパーソナルシーズンカラーを見極めるスキルが以前より向上したように感じています。また、専門学校で担当しておりますブライダルの授業では、フラワーの発注書作成やドレスのプレゼンテーションボード作成においても検定テキストで学んだカラーアンダートーンシステムの配色調和を活かすテクニックを用いています。

 

 

Q. 今後、カラリストとして取り組んでいきたいことはありますか?

A.  パーソナルカラー診断において外見的要素に加えて、その方の内面的要素をも引き出すことの出来る“色”のご提案を志していきたいと考えています。色が持つ魅力や色を組み合わせてコーディネートする楽しさをお伝えし、お客様のニーズに添えるよう心がけたいと思っています。また、パーソナルカラリスト検定を受験される方の指導に携わっていきたいです。あらゆる分野、ファッション、ジュエリー、ヘアー、ネイル、ブライダル、ホテル、インテリア、フラワーなどの現場で、この資格取得の為の学びの中で得る知識を即戦力としてご活用頂けるよう努めて参りたいと考えています。

【合格者の声】  パーソナルカラリスト検定に合格された方を掲載します

渡邉 孝子さん

tacaco1画像

 

Q. 受験したきっかけはなんですか?

A. もとより色というものが好きで自分なりのこだわりを強く持っていました。色と光の関係性や、色が対象物に与える影響力など色が持つ力に興味がありました。色についての理解を深めたいと考えた時、色彩診断士、認定講師という専門的な資格の取得が可能なパーソナルカラーを学ぶことが今後、色を仕事で活かしてゆく上では最適と受験を決めました。

 

Q. 検定から得た知識で日常や仕事に活かしていることはありますか?

A.   私はサービス・PR企画事業にたずさわっています。一見、色とは無関係に思える仕事でも色に視点おいて進めてみると相手側の求めるものが見えてくることもあり、色の不思議を感じることもしばしばです。そして、納得して提案を受け入れてくださり、結果に満足いただけた時には、色を学んでいて良かったと実感しています。

 

Q. 今後、カラリストとして取り組んでいきたいことはありますか?

A. 活力あふれる高齢化社会に向けて「知れば知るほど楽しく元気になれるパーソナルカラー」の普及活動に取り組んで行きたいと考えています。シニア向けショップ・サロン、シニアサークルなどとの提携などです。また、メンズ向けには「男子を元気にするパーソナルカラー」、その他、就活や婚活に向けての自己アピールのお手伝いなど、企画検討中です。色はたいへん奥深く、学びは尽きません。まだまだ未熟ですから、学びを忘れることなく企画のチャンスを探し、活動していきます。

【合格者の声】  パーソナルカラリスト検定に合格された方を掲載します

清水 良美さん

 

8d6c1d9da2343755a3122db2146b2c96-e1455586459120-205x300

 

Q. 受験したきっかけはなんですか?

A.カラーにはもともと興味がありましたが、他の色彩の検定と違い、仕事や自分にすぐに実用にできる知識を学ぶことができ、自分がどのくらい理解しているかを確認するために受験しました。

 

Q. 検定から得た知識で日常や仕事に活かしていることはありますか?

A.ネイリストの仕事上、お客様の手の色に合った色、より肌がキレイに見える色の提案や、アートのカラー配色において、素敵に見えるカラーアドバイスにとても役立っています。

 

Q. 今後、カラリストとして取り組んでいきたいことはありますか?

A.一人でも多くのお客様が自分を美しく見せることができるようなお手伝いをするとともに、ネイリストや色を扱う仕事をされる方への、ステップアップに繋がるサポートをしていきたいです。

 

【合格者の声】  パーソナルカラリスト検定に合格された方を掲載します

鈴木 千賀子さん

DSC_0094

 

Q. 受験したきっかけはなんですか?

A. 美容関係の仕事上、色彩の基本的な勉強をし、個人的に他の色彩の検定も受験していましたが、いつもの美容院で「自分のパーソナルカラーはご存知ですよね?」と聞かれた際、分からない自分にドキッとしました。また、仕事で担当している専門店で、‘自分に似合う色’を提案できる施策としても「パーソナルカラー」は必要と考え、今後の自分のキャリアアップの為にもなると思い、受験しました。

 

 

Q. 検定から得た知識で日常や仕事に活かしていることはありますか?

A.   家族や同僚に、似合う色のファッションの提案をしたり身に着けた洋服を褒めたりと、パーソナルカラーを通して、良いコミュニケーションが取れています。仕事では、化粧品メーカーに勤めているので、店舗での新色発表会や似合う色のメイクアップ体験など、イベントで活用しています。また、若手の方へメイクの配色の教育など、育成にも繋がっています。

 

 

Q. 今後、カラリストとして取り組んでいきたいことはありますか?

A. パーソナルカラーを知らない方はたくさんいらっしゃるので、ファッション、メイク、ヘアーと、トータルのご提案で、まだ自分の色に出会えていないお客様の人生を彩り豊かに、幸せのお手伝いをしていきたいと思います。

12
TOP > 合格者の声
Pマーク取得